明日という選択

訴訟逃れになっていないか

どのようにして患者さんに病状や治療法を説明するのが一番良いのだろうか。様々な方法を考え、さんざん悩んだあげく、説明用の動画ビデオを作成することほどうだろうかと考えつきました。ビデオなら、実際にどんな手術をしているのか、どんな傷がつくのかを映像でお見せすることができます。また、一度聞いてわからなかったところはご自身のペースで何度でも繰り返し観ることができます。さらには、ご自宅に持って帰っていただくこともでき、説明に同席できなかったご家族のも観ていただくことができます。理解を深めていただくためには良いことだらけだと思います。そしてこの方法は、医者にとっても良い点があります。まず、説明に要する時聞が短縮できる可能性があることです。ビデオを観てもらいそれでもわからないことがあれば質問に答えるというように要点を絞って患者さんとお話しすることができます。患者さんの理解が深まれば、術後の経過も良くなる可能性がありますし、縁起でもありませんがもし術後に合併症が起きたときの理解もかなりしやすくなるでしょう。インフォームド・コンセントは近年、真の意味を失い、ただの「訴訟逃れ」になっているという批判があります。たしかに、医療訴訟は医者がもっとも恐れるものの一つといえます。訴えられた経験のある医者は何人もいますし、訴訟でよく見られるのは、「説明義務違反」というものです。これは、説明不十分であった際に責任を問われます。印刷した紙を渡しただけでは、説明したことにはなりません。たとえ未確立の治療であっても、患者さんの要望が強く、医者に経験などがある場合には、その旨を言い忘れることも説明義務違反になるという判例もあります。無用な係争を避けるためにも、インフォームド・コンセントはしっかり行わなければいけませんが、その一方で、訴訟を避けるためだけの説明になってしまっていないだろうかということを常に考えていく必要があるでしょう。