明日という選択

手術の進め方

がんを告知されたら、どのような予定で検査や治療を進めていくつもりかという質問を主治医にした方が良いでしょう。これは、今後のスケジュールを立てる上でとても重要なことですので、必ず聞くようにしてください。患者さんのがんの進行具合や症状、痛みやつらさなどによって、スケジュールは大きく変わってきますので、まずは主治医の考えを聞いてみてください。患者さんの症状や気持ちと相談しながら、今後の治療方針を決めていく必要があります。患者さんとしては少しでも早く治療にとりかかり、元気になりたいと思われるでしょう。しかし病院によっては、検査や治療ができるまでとても長い待ち時間が発生することがあります。大きな病院であってもMRIの台数によっては、MRIの検査ができるまで1ヶ月待ちということもあります。また、検査自体は外来通院ですぐにできるのだが、入院が必要となってくると、ベッドの空きがなくてすぐには入院できない、という状況もあります。病院によってかなり状況が異なるので、そのあたりも含めて詳しく主治医に聞いてみてください。医者は、自分の病院の治療スタイルに慣れています。たとえば大腸がんと告知された場合の治療の手順について例を挙げてみましょう。近所の市立A病院では「手術が必要になるので、今日このまま検査を3つ受け、来週にはCT検査と大腸内視鏡検査、MRI検査を受けてください。そして再来週の月曜に入院し、火曜に手術しましょう」という感じでスピーディーにトントンと進む場合もあります。また、Bがんセンターの場合は、がん患者さんが多く集中しているため、「まずCT、MR I、大腸内視鏡検査をやる必要があるのですが、予約がいっぱいですので、空いてる時間に一つずつ受けていき1ヶ月ほどかけて検査を終えましょう。そのあと、外科医と内科医など合同の会議によって、手術の日程を組みますが、手術も順番待ちでとても混んでいるので、現在ですと2ヶ月待ちです。今から約3ヶ月後に手術ができれば、早いほうかと思います。」ということもあります。どちらの治療がよいのでしょうか。これも患者さんによってわかれるところです。「市立 A病院は近所で通いやすい し、少しでも早く手術をしてほしい」という方がいる一方で、「手術ができるのは早くて3カ月後というのは嫌だが、Bがんセンターのようにじっくりと検査をし、大腸がんの専門に特化している病院の方が安心できる 」という患者さんもいます。これは完全に患者さんの好みですので、どちらが良いとは医者からはいえません。ご自身の好みと、これから通う病院のスタイルは同じであるほうがいいので、医師とじっくり相談して決められることをおすすめします。